自営業の方が消費者金融でお金を借りる時に必要な条件と方法

自営業の方が消費者金融を利用する時のポイント

自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容

自営業の人は、給与所得者のように雇用保険というセーフティーネットがなく、退職金も出ません。
また、保険の種類も国民健康保険となっていますので、カードローンの審査では不利になります。
銀行カードローンでは、審査に通らなかったり、通っても限度額が低めになります。

 

消費者金融では、銀行の審査に通らない人もターゲットにしているので、
自営業だからという理由で審査に落ちることはまずありません
スコアリング審査では、アルバイトやパートよりは自営業のほうが一般的に有利になります。
審査では年収、勤務形態、勤続年数、会社の規模、個人信用情報、年齢、他社からの借入状況などがポイントになりますが、
年収などの項目がよければ、総合的な審査で高い金額を借りることも不可能ではありません

消費者金融の利用方法

自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容

申し込み方法・利用方法は給与所得者とほとんど変わりがありませんが、
自営業の人は源泉徴収票や給与明細がないので、
収入証明書としては確定申告書納税証明書を提出することになります。
書類の準備にやや手間がかかる場合があるので、あらかじめ用意しておくようにしましょう。

 

消費者金融では、自営業者向けのカードローンを用意していることもあります。
事業資金を借りたいのであればそういった事業者ローンも検討してみましょう。

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 プロミスだったら困った時に頼りになる!最短一時間融資!!
 平日14時過ぎてもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 土日祝でもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 30日間無利息サービスも実施中
 ※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
 プロミスレディースも女性の方に人気があります!
 >>プロミスレディースキャッシングの詳細情報はコチラから!

プロミス


自営業が利用できる資金調達方法「ファクタリング」とは

自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容

資金繰りに困ったとき、どのような手段でお金を集めるのが良いのでしょうか。
カードローンの契約や取引先の銀行に融資の依頼、知人から借りる人もいます。

 

中にはクレジットカードのショッピング枠の現金化や
携帯電話のキャリア決済枠を現金化したことがある人もいるのではないでしょうか。

 

自営業の人は仕事をしていても必ずその月末に入金があるとは限りません。
多くの場合請求書を出してから支払いがあるまでに1~2ヶ月程度の間があるのです。

 

この納品済みで入金待ちの資産のことを「売掛金」と言います。
売掛金は立派な資産ですが、手元にないため資金として利用することができません。

売掛金を担保にキャッシング可能な「ファクタリング」の特徴

そこで資金調達方法として考えられるのが「ファクタリング」です。
ファクタリングはこの売掛金を第三者に買い取ってもらい、予定の入金より早くに資金を手にする方法です。
借金ではないというのが大きなメリットです。

 

自営業者や会社経営者が利用できる資金調達方法の一つです。

 

取引先にはファクタリング専門業者に支払いをするように交渉しなくてはなりませんが、最近ではこの方法を利用する人も増えています。

 

資金は早く手元にあったほうが新たな事業に投資することができるため、有効活用できれば非常に効率の良い資金調達方法だからです。

売掛金を担保にお金を借りるファクタリングの詳細はこちらが参考になります!

運転資金足りない自営業の方が消費者金融を利用する方法

自営業をしていると、一般企業に勤めるサラリーマンのように毎月一定の給料が入ってくるわけではないため、
黒字になる月もあれば、赤字経営の月もあります。

 

多少の赤字なら、何とか乗り切ることが出来るでしょうが、運転資金足りないほどまでお金がなくなると、
どうしたらいいかと途方にくれてしまうでしょうね。

 

そんなときに頼りになるのが消費者金融なので、自営業で運転資金足りないような、
ピンチが訪れたら、必要な金額を借入するようにしてください。

消費者金融でどのくらい借りれられるの?

自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容

消費者金融の最高限度額はそれぞれ違いますが、審査に通れば、
300万円や500万円などの高額融資を受けられるので、これぐらいのお金があれば、
お店をたたまなくてもよくなるはずです。

 

自営業の人が消費者金融で借入する場合は、電話やインターネットから申し込みが出来ますが、
その際に運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要なので、用意しておいてください。

 

また融資を受ける金額によっては、収入証明書が必要になるので、
消費者金融のホームページをチェックし、どんな書類を提出しなければいけないのかを確認しておくことが大切です。

 

審査の結果、合格できればすぐに融資が受けられるので、運転資金足りないときは利用するようにしましょう。

自営業でお金が必要な時におすすめの消費者金融カードローン

自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容

商店街などで自営業をしている方の中には、たまに売り上げが悪くなるので、生活費が足りなくなるという方は珍しくありません。

 

自営業の場合は、どこかの会社に雇われているわけではなく、
毎月決まった給料をもらえるわけではないので経営が赤字になると、
食費が足りなくなったり、子供の教育費が支払えなくなってしまいます。

 

自分はともかく、子供に辛い思いをさせるのは可哀想と思う方は、
消費者金融のカードローンを利用し、足りない分のお金を手に入れることをおすすめします。

消費者金融カードローンの利用条件

自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容

消費者金融のカードローンを利用できる人の条件は、
20歳以上で安定した収入のある人なので、
自営業で毎日仕事をしている人なら、審査で落とされるようなことはありません。

 

必要なものは運転免許証健康保険証などの本人確認書類なので、
申し込みの際は用意しておかなければなりませんが、
収入証明書の提出を求められることもあるので、それも準備しておくとよいでしょう。

 

消費者金融の審査は非常に速く、即日融資を受けられるところも多いため、
今すぐお金が必要になったときは便利です。

 

カードさえあれば、近くのコンビニや提携金融機関のATMからお金を引き出せるので、困ったときは消費者金融を頼りましょう。

自営業で消費者金融から融資を受けた時の体験談

自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容

消費者金融のカードローンやキャッシングを利用してお金を借りる場合は、安定した収入が必要となりますが、
基本的に雇用形態は問われませんので
正社員でなくても、パートやアルバイトあるいは自営業の方も融資を受けることが可能です。

 

ただし、毎月安定した収入がある程度確保されているサラリーマンなどと比べて、
自営業の方は融資を受けることが若干難しくなってしまいます。

 

自営業の方は、これまで得ていた収入をこの先も継続して得ることが出来る保証がありません。
状況次第では収入が2倍、3倍になる可能性はありますが、逆に2分の1、3分の1になるリスクもあります。
ですので、消費者金融側も審査には、慎重にならざるを得ません。

 

新規の申込み時には希望の金額を借りられなかった場合でも、一定期間は我慢して使い続けることが必要です。
そうすれば、実績を積み上げることが出来て、利用可能額を増額することも可能となります。

 

資金使途が自由であっても事業性資金としては利用出来ないカードローンが多いです。
自営業の方の場合は、個人的な出費か否かということの使い分けに、手間がかかることが体験談として伝わって来ます。
ですので、自営業の方が融資を受ける場合は、事業性資金としても利用出来る商品を選択することが重要です。

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
[プロミス]

プロミス

大手消費者金融の中でも最短即日融資や振込キャッシングなど
サービスが充実しているのがプロミスです。
プロミスだったら借入を内緒にしたい自動契約機設置台数もNo1です。
無利息ローンも振込キャシングも近くコンビニATMも利用できます!
>>[プロミス]の詳細はコチラから確認できます。

[プロミスレディース]

プロミスレディース

女性の方にはプロミスレディースがあります!
借入も返済も便利なサービスのプロミスなら安心してお金を借りられます!
>>[プロミスレディース]の詳細はこちらから確認できます。

「自営業でも消費者金融でお金借りるのに必要な条件と借入審査の内容」の関連情報